経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  C-Classとは >  転職者の声

転職者の声|人材紹介サイトC-Class

人材系ベンチャー企業CEOから通信系ベンチャーCEOへ

S.K様(38歳)

大手総合商社にて7年間勤務した後、人材ビジネスを展開する企業を創業。代表取締役社長として8年間事業展開を進めておりましたが、ご自身がいなくても事業推進できる体制が整い、後任も育ったことを実感したことから、常々何か新しい機会があればと考えていました。

同時期、通信系企業にて子会社設立の話があり、CEOのポジションで人を求めているとのことでしたので、経営者とお会いさせて頂いたところ、非常にチャレンジングな環境であること、また自分がが今まで培ってきた経験が活かせることから、即入社させていただくようお話が進みました。

自分のこれまでの経験を活かし、同時にステップアップできる環境を紹介していただき、とても感謝しています。

IT企業CEOからIPO前ベンチャーCOOへ

M.M様(42歳)

大手メーカーにて12年間勤務した後、新興市場に上場しているIT企業の代表取締役、その他数社の監査役を経験しました。ただ、代表取締役としてやるべきことをやり終えた感を持ち、新しいステージで力を発揮したいという想いから、機会を求めてC-Classに相談させていただきました。

同時期、若い経営者が引っ張るIPO前のITベンチャー企業では、イノベーターとしての存在である経営者のもと、事業推進、マネジメントができる経験豊かなCOOを強く求めており、企業の将来性、経営者の価値観へ共鳴し、即入社させていただくことになりました。

現在はCOOとして、複数事業の統括から新規事業の立ち上げを中心に、会社を飛躍させていくための重責を担っており、とても充実した毎日を過ごしています。

外資系IT企業CFOからスタートアップベンチャーCFOへ

K.H (33歳)

複数の企業での財務・経理ポジションを経験された後、外資系IT企業において管理部門を統括するポジションについていました。今まで積んできた経験を軸として、スタートアップベンチャーのような環境でIPOに関わることができる機会を求めていました。

その時紹介していただいた、大手企業数社の出資により設立されたスタートアップベンチャーでは、管理部門全般を統括できる人材の存在が急務とのこと。新規立ち上げ等の経験が非常に豊富な経営者とお会いし、経営者の思想へ共鳴し、約1ヶ月程で入社へと話が進みました。

現在は、CFOとして数年後のIPOを目指し、管理部門の統括、IPO準備の責任者としてやりがいのあるポジションを任されています。

東証1部上場企業顧問からIPO前ベンチャー顧問へ

O.E様(58歳)

東証1部上場大手サービス企業にて数十年間勤務、取締役を経た後、同社の顧問に就任していたところ、ここまで事業・組織を大きくされてきた経験を次世代に活かしていきたいという思いがあり、何かそういった機会があればと考えていました。

ちょうど、あるIPO直前のIT系ベンチャー企業で、創業からの数年間、駆け足で事業拡大を行われてきた結果、IPOを見据えた基盤固めとして経験のある人材を求めているということ。早速、経営者とお会いし、経営会議への参加や事業戦略のブレインとしての顧問ポジションをいただきました。

現在同社は新興市場へのIPOを果たし、上場企業としての経営に大きく寄与することができています。

新興市場IT企業取締役からIPO前ベンチャー顧問へ

S.Y様(46歳)

創業当初のIT系ベンチャー企業に入社してから二十数年、役員、子会社の代表取締役、上場企業への事業売却等のを歴任してきました。新興市場IT系企業の取締役をしていた頃に経営者の交代があり、そのタイミングで、再度ベンチャー企業で今までのご経験を活かしてみたいと思うようになりました。

ちょうどあるゲーム関連企業で、COOを求めており、その新任COOを補完していくための顧問ポジションでのオファーをいただきました。ポジションには特にこだわりのなかったので、自分の経験を活かせると思い入社しました。

現在では、CEO・COOの事業推進を補完する形で同社の経営に大きく関わっています。

会計事務所経営者にスタートアップベンチャーの外部アドバイザリー契約を

Y.K (39歳)

大手監査法人にて複数社の財務コントローラー的業務をした後、新興市場通信系企業の管理部門統括ポジションを経て独立、会計事務所を開業しました。複数社の会計業務のアウトソーシング並びに顧問業務を行っておりましたが、個人事業での事業拡大に限界を感じ、自分の経験を活かせる仕事がないかC-Classに相談をしました。

その頃、財務・経理まわりを危惧する創業2年目のベンチャー企業があり、早速経営者とお話したところ、即アドバイザリー契約へと話が進みました。

現在、事業も順調に拡大しており、IPO準備体制構築に関わらせていただいています。